冬の手荒れがひどい状態、原因は冷えだけじゃない!

冬場になると手荒れがひどい状態になってしまうという方も多いと思います。
テレビCMなどもありますが、指とか“ぱっくり割れ”しちゃったりすると、もう大変。痛いのはもちろん、ちょっとしたことで沁みたりするし、なかなか傷がふさがらないし。。。

 

それに、やっぱり冬は乾燥してしまって、手の指などひび割れたり、皮がむけたり、かゆみがでたりと、とにかく手荒れがひどい人にとってはあまり嬉しくない季節。

 

冬、手荒れがひどい原因

 

とはいっても、特に女性であれば、ご飯を作ったり、食器を洗ったりと水周りの仕事ってやらないわけにはいかないから、冷たい水で手を余計に傷めたり!ってことに。
そうならないように、できるだけお湯を使って洗い物をしたりするわけですが、実は、これが冬の手荒れがひどい状態になってしまう原因の一つでもあるんですよね!

 

お湯で洗っている間は、手も温まって心地いいのですが、お湯を使うことで、手から水分が蒸発しやすくなって、余計に乾燥しやすくなってしまうんです。
特に、手荒れを起こしやすい人は、もともと手のバリア機能が乱れた状態なので、お肌の保湿機能が正常に働かないので、お湯を使うことで手は温まるのですが、皮膚がふやけてお肌の内側の水分も抜け出してしまうというわけですね。

 

だからといって、冬に冷たい水で洗い物をするわけにもいかないので、温水を使うのは仕方がありません。なので、大事なのはその後のハンドケア!

 

冬場のハンドケアで手荒れを予防

手荒れの予防のためのハンドケアといえば、やっぱりハンドクリームでしっかり保湿というのが一般的ですよね。
それでもいいのですが、ハンドクリームだけでハンドケアをするのであれば、ハンドクリーム選びは慎重にする必要があります。

 

ハンドクリームによっては添加物などがたっぷり入っていて、手荒れを余計にひどくしてしまうものもあったりします。ハンドクリームを使う時は、最低限、香料などのお肌に負担になる成分が入っていないものを選び、保湿力に優れたものを選ぶようにしたいですね。

 

また、ハンドクリームをした後に、手袋をして寝る!という方もいるかもしれません。
手のモデルさんなどは、こういうハンドケアをしている!っていいますよね。この場合も、ハンドクリームの質、そして手袋の質もしっかり選ぶようにしましょう!

 

シルクなどお肌に優しいもの、通気性の良いものを選んで使わないと、手に汗をかいて、その汗がバリア機能が弱っているお肌に入り込んで炎症を引き起こし、手荒れがひどい状態にしていく可能性がありますからね。

 

 

これは、いいか悪いかはわかりませんが、私が実際にやってよかった!と思える方法を一つ紹介します。
私が、やっていたのは保湿力で評判のいい化粧水、とろみがかった化粧水を手にとり、まずは手を保湿する!そして、乾いてきたら、そこにハンドクリームを塗って蓋をするという方法です。

 

そんなに手荒れがひどい、カサカサ状態出なければ、化粧水だけでもかなり改善することもあるので、個人的にはおすすめです!
化粧水は、そのまま顔に使ってもいいので、水洗いなどした後、クリームの前に一旦保湿成分を手に入れてあげるというのが良かったのかもしれません。
医学的に効果があるのか、正しいのかは分かりませんので、そのあたりは自己責任でお試しを!