手荒れがひどい、夏のケアはどうする

手荒れがひどいのって、夏よりも手が乾燥する冬に起こりやすいイメージがありますよね。
でも、水泡などができて手荒れがひどい状態は、けっこう夏場に起こるって皮膚科のお医者さまが仰ってました。

 

汗が、皮膚の中からでれないで、それが炎症を起こしたりするんだそうです。
私の場合は、いわゆる汗疱かんぽうってヤツだったんですが、これって一度治ってもまた再発するものらしいのですが、病院では対処療法的にステロイドを処方するしかないみたい。

 

ただ、ステロイドの場合は、確かにつけるとすぐによくなります。
ですが、それで治った!というのではなく、一時的に改善された!というもの。

 

手荒れがひどい状態で、特に夏場に水泡ができるという人は、汗疱かんぽうの可能性が高そうです。

 

 

汗疱は、異汗性湿疹って言う病名?みたいなのですが、汗がちゃんと皮膚の外に出ないことで引き起こされるので、やはり夏場など汗をかきやすい季節に出来やすいですし、手汗などをかきやすい、ストレスなどを受けて自律神経に乱れが生じたときなどは起こりやすいようです。

 

汗が大量にでることで、皮膚がふやけて汗腺を塞ぐことになるので、汗をコントロールできればいいみたいなのですが、そんなのってなかなか難しいというか、普通無理ですよね。

 

 

ですから、ハンカチなどを用意しておいて、マメに汗を拭き取るなどするといいみたいです。

 

 

もし、大量に手汗などをかいて困っている!ということであれば、手汗のなやみに口コミなどで評判になっている“ファリネ”という手汗ケア専用パウダーもおすすめです!

 

手荒れがひどい夏

 

farine(ファリネ) 公式ホームページはコチラ

 

 

 

farine(ファリネ)は、手汗の為専用に開発された制汗パウダーで、雑誌などでもよく取りあげられていて、その満足度も92%以上!

 

手荒れがひどい夏

 

 

なってしまっている手荒れがひどい、水泡が出来ている状態を治すということはできないでしょうが、予防という意味ではかなり良さそうですね!

 

 

↓ ↓ ↓ 詳しくは ↓ ↓ ↓

 

ファリネ