手荒れ、病院に行くとやっぱりステロイドを処方されました

手荒れも、出来ることなら薬を使わずに治したいけど、症状が酷い時は原因は何か?ってことを把握するためにも病院に行ってみる方が良いと思います。もしかしたら、自分が思っている以上に重症だったり、改善策などもアドバイスしてもらえる可能性もなくなはないです。
(わたしの経験上、目からウロコのようなアドバイスをもらったことは一度もないですが。。。)

 

で、この前だんだんと調子がまた悪くなってきて、↓のような状態になったので、病院で診てもらいました。

 

 

そうしたら、診察はいつもどおりで、「もしかしたらアトピー状態かも」といった診断に。
結果、その場でステロイドをたっぷり塗られ・・・。

 

こういう時って、「ステロイドは嫌です!」って言えないものですね。

 

ということで、処方されたのが↓

手荒れの薬、ステロイドのアンテベート。

 

その他にも飲み薬で“リンデロン”も処方されました。

 

飲みたくないけど。。。
薬局で副作用のこととか聞いてみたら、処方どおりに飲む、塗る分には問題なし!という答え。
まぁ、そりゃそう言いますよね。

 

 

で、仕方なくしばらくステロイドのご厄介に!
ただ、飲み薬は怖いので、塗り薬だけにしました。
それにしても効きますね。ステロイド即効性すごいです。ビックリするくらいよく効きます。
逆にそれが怖いのですが。

 

で、改善が見られた時点で塗るのを止めたのですが、その後は症状が一進一退。
完全には元通りにはなっていないのですが、あることで以前に比べてかなり症状が改善されてきています。

 

 

あと、保湿の為に!って処方してくれたのが、

 

手荒れがひどい

 

ビーソフテンクリーム0.3%ってヤツですが、処方された時は、「げっ、これもステロイド?」って思ったのですが、速攻スマホで検索したら、単なる保湿クリームで、ステロイドは入っていない!ってことだったので、一安心。

 

 

一旦、ステロイドで症状が治まったら、お肌を乾燥させないように、このクリームを1日何度でもいいからしっかりつけて保湿してケアするように指導されましたよ。